精密検査

1. 細胞診

病変を検出した際、最初に行う入口の検査です。この検査だけで良・悪性の確定診断に至ることもありますが乳房には多彩な病変があり、細胞の内容によっては良・悪どちらの可能性も否定できないグループがあります。

そんな病変を今後どのように扱うべきか(経過観察で良いのか、それとも現段階で組織診断に進むべきか?)の方向性を決めるための大切な検査です。当院では細胞診専用の穿刺吸引装置を用いて当日短時間で行います。

2. 組織生検

細胞診の結果、さらに詳しく組織検査をしたほうがよいと判断した場合、細胞診の内容、患者さんの希望や状況(年齢・居住地や内服薬など)などを考慮し、最適と思われる方法を提案・相談します。

a. 針生検(コア・ニードル・バイオプシー)

バード モノプティバード モノプティ

局所麻酔で痛みをなくしたうえで、細胞診よりも少しだけ太めの針で 小さな組織の断片を採取する比較的簡便な検査法です。多くの病変はこの方法で確定診断が可能です。傷は2~3ミリ程度であまり目立ちません。

b. 吸引式組織診

バード バコラ バイオプシーシステムバード バコラ バイオプシーシステム

同様に局所麻酔下でa)針生検に比べてもう少し太めの針で、組織を吸引しながら採取する検査です。上記の針生検の針でとれる組織量では確実な診断が難しい可能性があるときに選択します。(一回の採取で針生検の10倍量の組織量が採れ、病理診断の助けとなります)傷は4~6ミリ程度です。

c. 外科生検

局所麻酔もしくは全身麻酔で基本1泊入院で外科手術手技を用いて病変を切除します。傷は大きめ(平均3センチ程度で一本線)になりますが病理検査で鑑別が難しそうな境界病変、腫瘍全体を摘出して検討が必要な病変などの場合に選択します。外科生検は提携の総合病院の手術場で行います。

※どの検査の場合も、終了後は可能ならば傷の部に防水シートを貼って、当日夜から翌朝にはシャワーをかけていただけるようにします。

精密検査の結果報告までには、数日お時間をいただきます。